合祀墓追弔会 盂蘭盆会勤修について

投稿日:

天満別院では八月十二日(日)の午前九時より合祀墓追弔会が行われ、ご門徒の皆さんや合祀墓に納骨された方と一緒にお勤めをいたしました。

 

また、翌日八月十三日(月)には盂蘭盆会法要が一時半より本堂にて勤修されました。

御講師には、去年と同じく大阪教区第七組 光明寺住職 山内 雅教師にお越しいただきました。

「真宗門徒に於けるお盆」という講題のもとお話いただきました。ご先祖からの縁によって現在の私たちがあることをお墓参りをすることによって思い出し、忘れてはならないというお話をされていました。

まだこの暑さは続きますので、お身体にはお気をつけて、こまめに水分補給してください。

八月 暁天講座 開催報告

投稿日:

 

 

 

 

 

 

天満別院では八月五日(月)、六日(火)の朝六時半より一階講堂にて暁天講座が開講されました。

今年の講師には、両日ともに天満別院輪番 武宮 信勝が講題「凡愚に帰れ」についてお話しいただきました。

講題の「凡愚に帰れ」は去年お話しいただいた茨田先生の「愚かな身を生きる」のお話を受けてお話されました。

また今年から暁天講座講義録を製本し、皆様にお配りしました。また別院に来院された際には是非お持ち帰りください。

ご法話の終わりには、太田石材店様より軽食をご提供いただき、皆様にお持ち帰りいただきました。

7月14日(日) 同朋の会 開催のお知らせ

投稿日:

 


7月14日(日)14時より天満別院仏間において、同朋の会が開催されます。

御講師は大阪教区第7組敎應寺住職 建部 智宏師です。

今年度のテーマ「ことばに遇う」を通して『正信偈』のお話をいただきます。

皆さまお誘い合わせの上、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

青年部会 講習会 開催のお知らせ

投稿日:

 

7月12日(金)16時から天満別院一階講堂にて青年部会主催の講習会が開催されます。

御講師は本山宗務所 本廟部部長 近松 誉師にきていただきます。

御講師には「別院と崇敬寺院」というテーマの基、崇敬寺院の役割と今後についてお話しいただきます。

講習会費を1000円いただきます。ご参加の方は天満別院 06−6351−3535(出原)までお願いします。

 

6月 同朋の会 座談会開催報告

投稿日:
天満別院では、六月九日(日)の十四時より同朋の会が開催されました。
御講師には大阪教区第七組 敎應寺住職 建部 智宏師と同じく大阪教区第七組 長教寺住職 稲垣 洋信師にお越しいただきました。
ある方の「お念仏を称えてもありがたく感じないし、お坊さんの話を聞いても救われたという気持ちにならない。これは私の修行が足りないということでしょうか。もっと功徳を積んだらわかるようになるのでしょうか。」という質問をテーマに座談が始まりました。質問の内容はよくご門徒の皆さんからも聞かれることでしたのでご門徒のみなさんも話に入りやすく色々な意見を交わすことができました。答えの一例として自分に向き合いながらご聴聞を続けてもらうことでいつか何かのきっかけで、仏法に頷けることがあると思います。自分の愚かさに気付いているあなたのような方こそ救いが約束されています。
次回、七月十四日(日)の同朋の会には、大阪教区第七組 敎應寺住職 建部 智宏師にお越しいただきます。
皆様、是非ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

 

 

 

夏の御文法要について

投稿日:

 

天満別院では、六月二十三日(日)、二十四日(月)の二日間、十三時半より本堂にて夏の御文法要が勤修されます。

御文とは本願寺八代目の蓮如上人が、真宗の教えを手紙の形で人々に伝えひろめたことをいいます。

特に明応七年の夏季に書かれた四通は「夏の御文」と呼ばれ、「ねぶり(眠)をさましてねんごろに聴聞候へ」など聞法精進をすすめられています。

法要後の御法話には、両日ともに大阪教区第7組本照時前住職沖野 頼信師にお話いただきます。

尚、二十四日(日)午前十時からは天満別院一階、無憂華にて正信偈書写の会も開かれます。

皆さまお誘い合わせの上、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

六月 同朋の会 座談会開催のお知らせ

投稿日:

天満別院では六月九日(日)十四時より同朋の会が開催されます。

大阪教区第七組  敎應寺住職 建部 智宏師と、同じく大阪教区第七組 長教寺住職 稲垣 洋信師のお二方が御講師です。

いつもは『正信偈』についての講義を中心に行っていますが今回は何気ない日常の疑問などについて皆さんと一緒に考え、意見を交換したりしますので非常に楽しい会となります。

皆さまお誘い合わせの上、ご参拝くださいますようご案内申し上げます

春季彼岸会について

投稿日:

天満別院では三月二十四日(日)に春季彼岸会並総永代経法要 兼 墓地納骨(物故者)追弔法要が勤修されました。

講師は、大阪教区第十三組 心願寺寺住職 松井 聰 師にお越しいただきました。

今年の彼岸は天候はやや不安定でしたが彼岸会当日は天気にも恵まれ本当にたくさんの方にお参りいただきました。

松井先生には親鸞聖人の和讃から生活の中に常に南無阿弥陀仏がある生活についてなど普段何気なく毎日を過ごしている自分たちにとても共感できる内容でした。

今年度の行事・法座はすべて終わり四月から新年度の教化事業が始まってきます。これからもたくさんの方に参詣していただけるようにしていきたいと思います。

青年部会講習会 開講の報告

投稿日:

天満別院では今月7日午後4時より教化委員会青年部会主催の崇敬寺院を対象に講習会を開講いたしました。

講師には本山宗務所 本廟部部長 近松 誉 師にお話をいただきました。

 

 

 

 

 

 

近松先生には、「天満別院の歴史と崇敬寺院」という講題でお話いただきました。

今回の講習会は青年部会が立ち上がって最初の活動でしたので参加者が集まるか不安でしたが予想よりもたくさんの方々に参加していただけました。


 

 

 

 

 

 

講習会の後は懇親会が開かれましてみなさん各々楽しまれていました。

これからも青年部会で様々な講習会を開いてお寺と地元の青年層をお寺に取り込んでいきたいと考えております。今回の講習会を励みに役員一同頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

第二回 聖典講座開講の報告

投稿日:

天満別院では先日午後6時より大阪教区教化委員会主催による第2回聖典講座が別院1階講堂にて開講されました。

当院を会場に全4回ある聖典講座のテーマは通じて『釈尊を説いた経』ー大乗仏教入門ーをテーマに大谷大学教授 織田 顕祐先生にお話いただきます。

今回の聖典講座では前半に釈尊入滅後の仏弟子たちが実在主義「釈迦牟尼の説いた教えが法である」考えと讃仏主義「単なる肉体だけでなく知恵と慈悲によって成り立つものがブッタである」考えによる根本分裂のお話をされました。後半からは初期のジャータカ物語を実際に読んで、初期の頃は二十数話しかなかったものが最終的に五百数十話まで増えていきある程度まとまった段階で主人公が「菩薩」(釈迦牟尼の固有名詞)と呼ばれるようになったという締めくくりで閉講しました。

今後の予定につきましては、

次回は4月12日(金)

第4回は5月16日(木)です。

参加は無料です。申し込みは不要です。

皆様お誘い合わせのうえ、お越しください。