七月 定例法話 開催のお知らせ

投稿日:

 

 

 

 

 

 

天満別院では、七月二十七日(金)十三時半より本堂にて定例法話が開催されます。

御講師は、大阪教区第十三組  善福寺 野村 正示 師です。

諸般の事情により、今月の定例法話は二十七日に開講致します。お間違えのないようにお願い致します。

尚、今月の正信偈書写の会はお休みさせていただきます。

皆さまお誘い合わせの上、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

天満別院 報恩講習礼開催の報告

投稿日:

 

 

 

 

 

 

 

天満別院では、七月十二日(木)に天満別院教化委員会 法要部会主催による報恩講習礼を開催致しました。

第一回目の習礼は「正信偈(句切)の習礼及び心得」についてでした。

初めての正信偈(句切)にみなさん慣れないもの法要部の先生たちと一緒に元気よく読まれていました。

次回は八月四日(土)の午後五時より、「巡讃・内陣 出退の習礼及び心得」について開催致します。

ご持参いただくものは真宗大谷派声明集(上・下)真宗の儀式、間衣、輪袈裟、裳附、五条、差貫となっております。なお習礼開始の五時の時点で装束を付けた状態でお待ちくださいますようお願い申し上げます。

参加をご希望の方は、天満別院までお気軽にお電話ください。

電話 06-6351-3535 FAX 06-6351-3547

天満別院 寺族対象 報恩講習礼開催のお知らせ

投稿日:

 

 

 

 

 

 

七月十二日(木)の午後五時から天満別院にて崇敬寺院対象の報恩講習礼を行います。

今回の内容は「正信偈(句切)の習礼及び心得」です。

崇敬寺院の方で得度式を受けておられれば、どなたでもご参加できます。

ご持参いただくものは本山出版大谷声明集(上、下)、真宗の儀式(声明作法)、間衣、輪袈裟です。

参加をご希望の方は、天満別院までお電話ください。

電話番号は06−6351−3535です。

七月 同朋の会 開催報告

投稿日:

天満別院では、七月八日(日)の十四時より同朋の会が開催されました。

前回に引き続き、『正信偈』に出てくる天親菩薩について大阪教区第七組 敎應寺住職 建部 智宏師よりお話をいただきました。前回、前々回も天親菩薩についての内容でしたが、今回は正信偈の書き下し文から内容を考えていくものでした。「天 親 菩 薩 造 論 説」は天親菩薩が『仏説無量寿経』の影響を受けて『浄土論』を書かれましたとお話されました。また、本願寺派の寺族の方も来られまして様々な角度から議論や説明が出ました。

今日は久しぶりの晴れた青空になり気持ちいいほどの快晴でした。来月は諸般の事情により同朋の会はお休みいたしますのでよろしくお願いいたします。

天満別院 機関紙「六字城 」七月号

投稿日:

天満別院では昭和38年8月の創刊より毎月機関紙「六字城」を発行しております。

本日644号(平成30年7月号)を皆様にご郵送させていただきました。

またホームページにても公開いたしました。

下記リンクからも閲覧できるようになっております。

皆さま是非ご覧くださいませ。

644号(平成30年7月)

天満別院 仏前結婚式

投稿日:


二〇一八年七月一日(日)、天満別院において久世 信様・村上 真貴子様の結婚式を執り行いました。

ご結婚おめでとうございます。

別院では結婚式を随時受け付けております。寺院関係の方々だけでなく、ご門徒の方々の挙式もご遠慮なくお申し込みください。

 

六月 天満別院 夏の御文法要 勤修報告

投稿日:

去る六月二十三日(土)、二十四日(日)十三時半より天満別院に於いて夏の御文法要が勤修されました。法要では蓮如上人が書かれた四通の『夏の御文』を二日間にわけて拝読し、法要後の法話には両日ともに天満別院輪番 武宮 信勝にお話いただきました。外は大変蒸し暑い中、多くの方にご参拝いただきました。

「助けるが念仏」、「助かるが信心」という教えをはじめ、私たちが念仏を申すことができているのは如来様が念仏申せよとおっしゃてくださっているからだということ、また安らかなる心はどうしたら生じるのかを夏の御文を通してお話いただきました。

六月 天満別院 夏の御文法要のお知らせ

投稿日:

 

天満別院では、六月二十三日(土)、二十四日(日)の二日間、十三時半より本堂にて夏の御文法要が勤修されます。

御文とは本願寺八代目の蓮如上人が、真宗の教えを手紙の形で人々に伝えひろめたことをいいます。

特に明応七年の夏季に書かれた四通は「夏の御文」と呼ばれ、「ねぶり(眠)をさましてねんごろに聴聞候へ」など聞法精進をすすめられています。

法要後の御法話には、両日ともに天満別院 輪番 武宮 信勝にお話いただきます。

尚、二十四日(日)午前十時からは天満別院一階、無憂華にて正信偈書写の会も開かれます。

皆さまお誘い合わせの上、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

六月 同朋の会 座談会 開催の報告

投稿日:

天満別院では、六月十日(日)の十四時より同朋の会が開催されました。

御講師には大阪教区第七組 敎應寺住職 建部 智宏師と同じく大阪教区第七組 長教寺住職 稲垣 洋信師にお越しいただきました。

ある方の「人間、修行をすれば神通力や超能力、霊感能力が開発されるのでしょうか。」という質問をテーマに今回は座談会の形で進行されました。

人はだれしも向上心を持ち、人なみ以上に優れた人間になりたいと思っています。霊能者や神通力を持っているといわれる人、または超能力が与えられるというようなことに憧れを持ちますが、人間はしょせん人間であって、人間以上には成れません。

神通力や超能力を身につけたいという欲望、超能力によって人の真似のできないことがしたいという優越感を満たそうとする欲心によって、様々な誘いに乗ってしまい、家族、仕事、財産どころか命まで失った人もいます。

大切なことは、神通力や超能力・霊感力などに憧れず、惑わされず、仏の本願に目覚めてありのままの自分を堂々と生きる自分になることではないでしょうか。

次回、七月八日(日)の同朋の会には、大阪教区第七組 敎應寺住職 建部 智宏師にお越しいただきます。

皆様、是非ご参拝くださいますようご案内申し上げます。