1月24日(木)定例法話 〜音楽法話〜 開催のお知らせ

投稿日:

1月24日(木)午後1時30分より天満別院本堂にて定例法話が開催されます。

今回は歌と法話が交差する音楽法話となっており、定例法話では初めての試みです。

御講師ですが、歌・弾き語り 角谷早音美 師

法話 大阪教区第13組 即念寺 住職 洲﨑 善範 師です。

※法話の途中に歌が入るとのことです。

法話終了後、例年のごとく門徒会婦人部の方々にご協力いただき前日より準備された鏡餅による接待があります。

また午前十時からは天満別院1階、無憂華にて正信偈書写の会も開かれます。

皆様お誘い合わせのうえ、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

新年号 天満別院機関紙「六字城」

投稿日:

新年明けましておめでとうございます。

天満別院では昭和38年8月の創刊より毎月機関紙「六字城」を発行しております。

先日650号(平成31年1月号)を皆様にご郵送させていただきました。

また本日、天満別院ホームページ上にも公開いたしました。

下記リンクからも閲覧できるようになっております。

皆さま是非ご覧ください。

六字城650号(平成31年1月号)

天満別院 阿弥陀如来立像 特別公開の報告

投稿日:

御本尊を見られる参詣者の様子

解説中の天満別院本堂の様子

この度、天満別院では「快慶の遺風」と題し、大阪市教育委員会・大阪密教美術保存会・真宗関係史料保存会主催、朝日新聞社共催のもと12月18日(火)〜12月19日(水)の午後1時から午後4時までの間、阿弥陀如来立像を特別公開いたしました。
このような特別公開は天満別院では初めてのことでしたが、両日ともに天候にも恵まれ、300名を超える方々がお越しくださいました。
輪番から「別院はどこどこまでも400年に亘って阿弥陀佛のみ教えに耳をそばたてて、聴聞されてきた念仏道場であります。そして本願念佛の真実なることを宗祖親鸞聖人をはじめ蓮如さん、教如さんがご苦労され、先達の方々が命をかけて伝え残してくれた大切な建物である」との挨拶があり、その後担当の大阪市教育委員会 鈴木慎一さんから資料に基づき、詳細に阿弥陀如来像と別院の歴史を熱っぽく語られました。

今回の特別公開を機縁に、皆様方に天満別院を知ってもらえたことは非常に嬉しく思います。

天満別院 阿弥陀如来立像 特別公開のお知らせ

投稿日:

 

この度、天満別院では「快慶の遺風」と題し、

主催:大阪市教育委員会・大阪密教美術保存会・真宗関係史料保存会

共催:朝日新聞社

のもと12月18日(火)〜12月19日(水)の午後1時から午後4時までの間、阿弥陀如来立像を特別公開いたします。

観覧料(資料代)はお一人様100円、学生(大学生・専門学校生を含む)は無料です。

午後2時30分頃からは解説が予定されています。

このような特別公開ははじめての機会ですので、皆様お誘い合わせのうえお越しください。

詳細は下記の添付ファイルをご確認ください。

天満別院 阿弥陀如来立像 特別公開 チラシ表

天満別院 阿弥陀如来立像 特別公開 チラシ裏

十二月号 天満別院機関紙「六字城」

投稿日:

天満別院では昭和38年8月の創刊より毎月機関紙「六字城」を発行しております。

先日649号(平成30年12月号)を皆様にご郵送させていただきました。

また天満別院ホームページにも公開いたしました。

下記リンクからも閲覧できるようになっております。

皆さま是非ご覧ください。

六字城649号(平成30年12月)

十一月 定例法話 開催のお知らせ

投稿日:

天満別院では、十一月二十四日(土)十三時半より本堂にて定例法話が開催されます。

御講師は、大阪教区第十二組  唯稱寺住職 麻生 英城 師です。

午前十時からは天満別院一階、無憂華にて正信偈書写の会も開かれます。

皆さまお誘い合わせの上、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

天満別院機関紙 十一月号「六字城」

投稿日:

天満別院では昭和38年8月の創刊より毎月機関紙「六字城」を発行しております。

先日648号(平成30年11月号)を皆様にご郵送させていただきました。

また天満別院ホームページにも公開いたしました。

下記リンクからも閲覧できるようになっております。

皆さま是非ご覧くださいませ。

六字城648号(平成30年11月)

第19回 天満音楽祭 開催の報告

投稿日:

天満別院では本日天満音楽祭が開催されました。

天満音楽祭は今年で19回目とのことで来年で節目の20回目を迎えます。

今回天満別院を会場として使用することは初めてでしたが、おかげさまで天候にも恵まれ、11組のアーティストの演奏を聞きに多くの方々が天満別院に足を運んでいただきました。

天満別院が会場になり、別院を知らない人にとって知っていただくきっかけに、また地域の人に親しく思っていただけるような機会になったのであれば幸いです。

今日を迎えるにあたって天満音楽祭関係者様におかれましては大変な御苦労があったと思います。このような素敵な場を設けてくださり、ありがとうございました。

第19回 天満音楽祭 開催のお知らせ 2018.10.28

投稿日:

     会場の様子

≪大阪の古き良き時代の家屋や伝統・文化、人情などの面影がいまだに色濃く残る天満天神界隈、その街で2000年、音楽好きの若い頃のアマチュアバンド時代の快感が忘れられない、また、阪神大震災後の仲間づくり・街づくり・の大切さを思い、地元企業家仲間たちの発案で「音づくり、仲間づくり、街づくり」をコンセプトに掲げて「天満音楽祭」はスタートしました。
このイベントも今年で19回目を迎えることができました。

毎年回を重ねる毎に出演バンド、ライブ会場、ご来場者も増え地元の企業・商店はもとより地域や各種団体・ボランティアの方々の支援・協力の輪も拡がり、今ではアマチュアを中心に関西一円のみならず、関東方面からの参加も得るまでに発展して参りました。

「天満音楽祭」は音楽のジャンルを問わないこと、ゴスペル・ジャズ・軽音楽・カントリー・フォーク・クラッシク・ハワイアン・ロック・等々・風情豊かな大川(旧淀川)沿いのOAPタワー(大阪アメニティパーク)を中心に周辺のお寺や教会、区民ホール、小学校、商店街の一角、、大阪駅(サテライト会場)など30会場以上で繰り広げられるのが特長です。各会場は歩いても廻れますが、2台の無料シャトルバスが2ルートで運行しておりますのでご利用ください。

天満別院も会場になっております。

プログラムは下記のファイルを参照ください。

場所等分からなければ天満別院までお問い合わせください。

皆様のお越しをお待ちしております。

06−6351−3535

天満別院1F 無憂華の間(プログラム) | 第19回天満音楽祭 概要 | 天満音楽祭

 

門首後継者 大谷暢裕師御参修 天満別院報恩講厳修の報告

投稿日:

 

天満別院では、十月三日(水)から五日(金)にかけて報恩講が厳修されました。

今年の報恩講には大谷暢裕門首後継者御参修のもと、四日 結願逮夜、五日 結願日中が勤まりました。四日の結願逮夜の後には帰敬式が執り行われ、三十名の方々が受式されました。

ご法話には三日間にわたり、大阪教区第十二組 清澤寺前住職 澤田 秀丸師にお話いただきました。

この報恩講を迎えるにあたり、例年ご門徒の皆様には各部屋のお掃除や仏具のおみがき、のぼり旗、紫幕の設置等をお手伝いいただいておりますが、台風二十四号の影響で急な日程変更にも関わらず、多くのご門徒様にお手伝いいただき、また、報恩講中も各組の坊守様、ご門徒の皆様におかれましては忙しい中にお手伝いいただき、ありがとうございました。

各方面の方々のご協力のおかげで無事盛大に報恩講が厳修されました。報恩講を終えて改めて皆様方の協力なしでは成し得なかったことだと思います。皆様方に厚く御礼申し上げます。