2月24日(土)定例法話開催のお知らせ

投稿日:

天満別院では、2月24日(土)13時30分より定例法話が開催されます。

ご法話には、大阪教区第13組 即念寺  洲﨑 善範 師、角谷 早音美さんにお越しいただき、

講題「シネマ法話(映画音楽×法話)」のもと、お話しいただきます。

勤行開始のお時間は、13時30分となっております。

皆さまのご参詣お待ちしております。

2月 定例法話ご案内

赤ちゃんの初参式とは?

投稿日:
答え
 世間では子供が生まれて一ヶ月ほどたつと「お宮参り」といって神社をお参りする方が多いようですが、真宗門徒であればお寺の「初参式(しょさんしき)」にお参りいただきたいものです。
 「初参式」とは「初参り式」とも言われ、ご家庭に生まれた赤ちゃんが初めてお寺にお参りする仏さまとのご縁の始まりとなる式のことです。赤ちゃんの誕生日を祝ったり、成長をお願いするためだけの儀式ではありません。
 「初参式」には赤ちゃんと共にご家族がご本尊の前で手を合わせて、仏さまにかけがえのない命の誕生を喜びその報告と、念仏の教えを依どころとして生きるものに加えていただいたことに感謝してお参りをします。阿弥陀如来の前で親も子も共にそのお慈悲の中に包まれているということに対して、感謝の気持ちから行う儀式です。
 また子の誕生は親の誕生ということです。その赤ちゃんのご両親もその子が生まれて初めてこの子のお母さん・お父さんとしてスタートしたのです。生後三ヶ月の子の親であれば、生後三ヶ月のお母さん・お父さんというわけです。親と生まれた私にとっても「初参式」ということです。親にさせていただいたことを感謝し、子と一緒に成長したいものです。
 「初参式」の時期はこだわる必要はありません。なるべくご家族が揃ってお参りできる日がいいでしょう。その場合お参りしようとするお手次のお寺や別院などにお問い合わせの上、ぜひお参り下さい。
  (第12組  専立寺  松尾  智仁)

正月は神社に参るもの?

投稿日:
答え
 
  お正月になると毎年多くの人が初詣に出かけます。初詣と言えば神社にお参りする人が圧倒的に多いようですが、初詣は「新年の初参り」ということです。ご門徒であればお手次のお寺やご本山、別院にお参りすることが肝要です。
 私のお寺でも元旦に修される法会である「修正会(しゅしょうえ)」を勤めているのですが、残念ながらお参りは少なく、どうもご門徒も神社にお参りされているようです。
 神社に初詣に出かけるのはレジャー気分もあるのでしょうが、「商売繁盛」「家内安全」「良縁祈願」などの願い事をするのが主なのではないでしょうか。
 ただえさえ己の欲望や願いばかりの私たちです。しかし自分の思いがかなうことで本当に心が満たされるでしょうか。一つの思いがかなえば新たな思いがわいてくるのが私たちです。自分の思いどおりになることを願い、実はその思いに振り回されているのではないでしょうか。じっくりと我が身を振り返り人生にとって何が大切か見つめながら確かな依り所になるお念仏をいただいてみましょう。それが「門徒の初詣」です。
 「修正会」は真宗本廟(東本願寺)では毎年一月一日から七日まで勤められ、天満別院では一月一日から三日まで勤められます。ぜひお近くの真宗大谷派寺院の修正会にお参りください。また元旦には家庭のお内仏(お仏壇)でも家族揃ってお参りしましょう。
 (第12組 専立寺  松尾  智仁)

法名は生前にいただけるのでしょうか?

投稿日:

答え

 生前に法名をお受けいただく事ができます。
 先ずは、お手次のお寺さんや別院にご相談ください。
 本山(東本願寺)では、ほぼ毎日のように「帰敬式」を執行しております。「帰敬式」とは、「おかみそり」とも言われます。「おかみそり」と聞くと亡くなってからと思われがちですが、本来は、仏弟子になる儀式であります。つまり、仏弟子としての名告りであります。法名は「釋○○、釋尼○○」と授与されます。仏弟子とはお釈迦様の弟子です。自ら法名を受けると言うことは、まさに第二の人生の誕生ともいわれます。
 「帰敬式」とは、「仏」「法」「僧」の三宝に帰依し、これから、仏様の教えに問い学んでいこうとする出発の式であり、生きているからこその儀式であります。したがって、生きている今に受式することは、人と生まれたことの意味をたずねていき、生きる喜びを見つけようとする人生の始まりであります。
 人間は苦しいこと、悲しいことを通して、成長させていただきます。そして喜ばなければならないことを教えてもらうのです。生前に法名を受けるということは帰る場所が明らかになったということでしょう。安心しますね。
 (第13組  善福寺  野村 正示)

 

 

2月2日(金)青年部会主催 公開講座のご案内

投稿日:

 上記の通り天満別院教化委員会 青年部会主催の公開講座が開催すされることとなりました。

部会員がその時に関心があるテーマを選 定し、皆様と共に学ぶ場として開催します。今回は「真宗寺院 の成り立ちについて」というテーマです。 是非共に聴聞いたしましょう。

1月24日(水)定例法話 開催のお知らせ

投稿日:

天満別院では、1月24日(水)13時30分より本堂に於いて定例法話が開催されます。

御講師には、浄行寺  蓮沼  乗行 師をお招きし、

講題「丁寧に生きるとは」についてお話しいただきます。

皆様お誘い合わせのうえ、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

1月定例法話 ご案内チラシ

1月13日(土) 天満別院 新年会「落語」

投稿日:

上記ご案内の通り、落語家  笑福亭 仁智 師をお招きして、笑いありの和やかな場になればと思い、天満別院新年会が開催されることとなりました。

是非、皆様お誘い合わせの上、ご参加くださますようご案内申し上げます。

ご不明な点がございましたら、天満別院までお問い合わせください。

天満別院 新年会のご案内

年末年始 墓地開閉時間のご案内

投稿日:

お墓参りされる皆様へ

天満別院墓所は、12月28日(木)〜3日(水)までの間、6時30分の開門は変わらず、閉門が17時となっております。

(色花、線香等は平常よりも1時間早い8時より販売しています。)

皆様のご来院お待ちしております。