一月 同朋の会 開催報告

投稿日:

天満別院では、一月十三日(日)の十四時より同朋の会が開催されました。

今回の御講師は大阪教区第七組 敎應寺住職 建部 智洋師よりお話をいただきました。

今回は『正信偈』の曇鸞のお話でした。特に曇鸞が菩提流支(三蔵法師)に出会い仙経を学んだ曇鸞に仙経を捨て観無量寿経をわたし浄土の教えを促す部分が自分の中で印象的でした。次回も引き続き曇鸞のお話ですので興味がある方はぜひ来月の同朋の会にお参りください。

次回は二月十日(日)となります。

皆様お誘い合わせのうえ、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

新年号 天満別院機関紙「六字城」

投稿日:

新年明けましておめでとうございます。

天満別院では昭和38年8月の創刊より毎月機関紙「六字城」を発行しております。

先日650号(平成31年1月号)を皆様にご郵送させていただきました。

また本日、天満別院ホームページ上にも公開いたしました。

下記リンクからも閲覧できるようになっております。

皆さま是非ご覧ください。

六字城650号(平成31年1月号)

天満別院 阿弥陀如来立像 特別公開の報告

投稿日:

御本尊を見られる参詣者の様子

解説中の天満別院本堂の様子

この度、天満別院では「快慶の遺風」と題し、大阪市教育委員会・大阪密教美術保存会・真宗関係史料保存会主催、朝日新聞社共催のもと12月18日(火)〜12月19日(水)の午後1時から午後4時までの間、阿弥陀如来立像を特別公開いたしました。
このような特別公開は天満別院では初めてのことでしたが、両日ともに天候にも恵まれ、300名を超える方々がお越しくださいました。
輪番から「別院はどこどこまでも400年に亘って阿弥陀佛のみ教えに耳をそばたてて、聴聞されてきた念仏道場であります。そして本願念佛の真実なることを宗祖親鸞聖人をはじめ蓮如さん、教如さんがご苦労され、先達の方々が命をかけて伝え残してくれた大切な建物である」との挨拶があり、その後担当の大阪市教育委員会 鈴木慎一さんから資料に基づき、詳細に阿弥陀如来像と別院の歴史を熱っぽく語られました。

今回の特別公開を機縁に、皆様方に天満別院を知ってもらえたことは非常に嬉しく思います。

天満別院 阿弥陀如来立像 特別公開のお知らせ

投稿日:

 

この度、天満別院では「快慶の遺風」と題し、

主催:大阪市教育委員会・大阪密教美術保存会・真宗関係史料保存会

共催:朝日新聞社

のもと12月18日(火)〜12月19日(水)の午後1時から午後4時までの間、阿弥陀如来立像を特別公開いたします。

観覧料(資料代)はお一人様100円、学生(大学生・専門学校生を含む)は無料です。

午後2時30分頃からは解説が予定されています。

このような特別公開ははじめての機会ですので、皆様お誘い合わせのうえお越しください。

詳細は下記の添付ファイルをご確認ください。

天満別院 阿弥陀如来立像 特別公開 チラシ表

天満別院 阿弥陀如来立像 特別公開 チラシ裏

十二月号 天満別院機関紙「六字城」

投稿日:

天満別院では昭和38年8月の創刊より毎月機関紙「六字城」を発行しております。

先日649号(平成30年12月号)を皆様にご郵送させていただきました。

また天満別院ホームページにも公開いたしました。

下記リンクからも閲覧できるようになっております。

皆さま是非ご覧ください。

六字城649号(平成30年12月)

十一月 定例法話 開催報告

投稿日:

天満別院では十一月二十四日(土)の十三時半より定例法話が開催されました。

御講師には、大阪教区第十二組 唯稱寺 麻生 英城 師にお越しいただきました。

秋から冬に変わっていく季節のため日差しは暖かく風は冷たい日となりました。

ヘレン・ケラーの話で親とサリマン先生のやり取りで「好きなだけ甘やかしなさい、けれどもその甘やかしに知恵がなければそのツケはヘレン・ケラー本人が支払うことになる」という話やサザエさんの四コマ漫画を使っての法話などわかりやすい法話が印象的でした。

十二月は諸般の事情のため十二月の同朋の会・定例法話はお休みさせていただいております。

 

 

天満別院門徒会 御正忌報恩講団体参拝 報告について

投稿日:

真宗本廟では十一月二十一日(水)から二十八日(水)にかけて、御正忌報恩講が厳修されております。

天満別院門徒会では去る十一月二十三日(金)に御正忌報恩講の日中法要に参拝いたしました。毎年東本願寺の報恩講には個人的に参拝はしておりますが御門徒のみなさんと一緒にお参りするのもまた違った感じがしてよかったです。

参拝後はがんこ高瀬川二条店へ移動し季節の懐石料理をいただきました。このお店は高瀬川の源流に建てられおりきれいな日本庭園があり紅葉を楽しむことができました。

昼食後は大谷祖廟へ向かい職員の解説をいただきながらお参りしました。連休初日ということもありたくさんの方がお参りにこられていました。

その後は京つけもの「大安」でお土産を買いまして、天台宗青蓮院門跡の見学に行き親鸞聖人の原点ともいえる場所で輪番からのお話を頂戴しました。

一日御門徒の皆さんと過ごし色々な話などをしてとても充実した一日となりました。

ご門徒の皆様には朝早くからお集まりいただき、ありがとうございました。

十一月 定例法話 開催のお知らせ

投稿日:

天満別院では、十一月二十四日(土)十三時半より本堂にて定例法話が開催されます。

御講師は、大阪教区第十二組  唯稱寺住職 麻生 英城 師です。

午前十時からは天満別院一階、無憂華にて正信偈書写の会も開かれます。

皆さまお誘い合わせの上、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

十一月 同朋の会 開催報告

投稿日:

 

 

 

 

 

天満別院では、十一月十一日(日)の十四時より同朋の会が開催されました。

今回の御講師は大阪教区第七組 長教寺住職 稲垣 洋信師よりお話をいただきました。

稲垣先生の同朋の会は座談会や別院の行事の為に五月以来、半年ぶりでした。そのため『正信偈』の内容も最初から振り返りながら行われました。初めての方も来られたり久しぶりの同朋の会をみなさん熱心に聴講されていました。

次回は年が明けてからの一月十三日(日)となります。

皆様お誘い合わせのうえ、ご参拝くださいますようご案内申し上げます。

天満別院機関紙 十一月号「六字城」

投稿日:

天満別院では昭和38年8月の創刊より毎月機関紙「六字城」を発行しております。

先日648号(平成30年11月号)を皆様にご郵送させていただきました。

また天満別院ホームページにも公開いたしました。

下記リンクからも閲覧できるようになっております。

皆さま是非ご覧くださいませ。

六字城648号(平成30年11月)